振られた元彼の気持ちを自分にもう一度振り向かせる復縁方法

振られた元彼の気持ちを自分にもう一度振り向かせる復縁方法

自分から別れたのであれば、彼の再アプローチにもあまり躊躇は感じない方が多いかと思いますが、彼から別れを切り出されたあとの復縁では、なかなかそうはいきません。

 

下手に動けばますます彼の態度は冷たくなり、かといって何もしないでいれば、すぐにでも彼は他に彼女を作ってしまうかもしれない……。
あなたの心は焦りと辛さで満たされてしまうでしょう。

 

けれどもここはあえて、ポジティブに考えてみましょう。
相手から別れを切り出されたということは、「今より悪い状態はもうこない」ということでもあるのです。
そう思えば、新しくみえてくるものもあるのではないですか?

 

ここでは、彼から別れを切り出された場合の復縁について、そのポイントをまとめています。

 

一旦はすぐに身をひく

傷はすっぱり切れたほうが治りがいいものです。
下手に別れ際にもめるより、1度はっきりと別れてしまいましょう。

 

自分から別れを切り出す時の男性というのは、少なからず「あなたに好かれている」という自覚があります。
ですから、あっさりあなたが別れを受け入れれば、それだけで「あれ?」と心にひっかかりを残すことになります。

 

別れ際に交わす言葉は、対面なら対面、メールならメールで1度だけ。
軽めの感謝の言葉とともに、承諾をするのが理想的です。

 

イメチェン必須、あらゆる手段で自分磨きを

今は幸いなことにSNSが発達して直接SNSでつながっていなくても、共通の知人を介して情報が伝わる時代です。

 

1ヶ月後に目標を定めダイエットでも仕事でもヘアメイクでも、とにかく「はっきりと誰の目にも変わったとわかる」くらいまでの自分を磨くことに努力しましょう。

 

目標を持ってがんばることは失恋の痛手をやわらげることにもつながりますし、目標に達する前でも、あなたの努力は何らかの形で彼まで伝わることが多いのです。

 

別れた後のファーストコンタクトは「直接」がベター

「ばったり」「さりげなく」「軽くあいさつする程度」がキーワード。

 

メールでのきっかけ作りは、どうしても返事待ちというプレッシャーがついてまわるので物理的にチャンスがあるなら1ヶ月を過ぎたあたりで、ちらっと偶然すれ違う程度の機会を作ります。

 

メールはむしろその後。
「久しぶりだったね〜!」などと明るい調子でそれとなく近況報告をし合えれば、きっかけ作りは成功です。

 

もしメールの返事がこなくても、さらに自分磨きは続けつつ、1ヶ月ごとにチャレンジします。

 

終わりに

1ヶ月は、きっかけ作りのスパンとしては長過ぎると思う方もいるかもしれませんが、それくらいの時間があったほうが彼への自分の気持ちを確かめることにもなり、執着心や嫉妬心を治めることができるものなのです。

 

焦らず、取り組んでみましょう。

私が相談している占い師さんが在籍している占いサイトです!

初回は無料で相談できるのでどんな結果がくるか参考になりますよ^^

私は愛先生が一押しです♪

 

▽無料復縁占いを試す▽

復縁体験談